低空飛行

高校生の文房具ブログです

SAILOR プロフェッショナルギアΣ銀 Fニブ 後編

lowです


ニブについては一通り話したので、次は軸についてです

公式サイトによると太さはφ18(mm)とのこと
ペリカンのスーベレーンm1000がφ14mmとのことなので、なかなか太いです

実際に試し書きをして、初めて太いなと感じました
やっぱりお店で実物を触ることは大事ですね

太い、ということはその分力を入れずにかけるということです
実際軸を軽く持ってサラサラと書くことができます

次に長さです

f:id:th67gj49454:20170716210042j:image
写真が下手くそですみません

キャップ収納時で135mmです

 


f:id:th67gj49454:20170716210012j:imagef:id:th67gj49454:20170716210013j:image

キャップ装着時は153mmといったところでしょうか
非常に軽く、太めなので、キャップはつけて書いた方がバランスが良さそうです

 

なのでキャップなしの情報は不要ですかね

 

 

f:id:th67gj49454:20170716210200j:image

最後にキャップです

見えますでしょうか

クリップの上の方がSAILORのシンボルである錨の形をしています

 

これだと胸ポケットに挿しててもとても見栄えがしますし、そうでなくても非常にかっこいいです

 

最後になりましたが、こちらの万年筆は両用式で僕はコンバータを使っています

 f:id:th67gj49454:20170716210552j:image

こんな感じの色です

細さもこんな感じです

まあこればっかりは紙質で変わってしまうんですがね笑

字が汚いくてすみません

 

あと送りがな間違ってますね

ただきたないと打つと、送り仮名が汚いと汚ないの2通りでるんですね

f:id:th67gj49454:20170716210707p:image

あら不思議

 

 

そんな感じです

 

 

でわでわ